会社沿革

昭和33年(1958年)三桂製作所全景

昭和43年12月(1968年)新社屋落成

歴史及び事業内容概要

当社の前身は、大正11(1922)年10月に設立された東京無線電機株式会社にまで遡ります。 東京無線電機株式会社は、総合商社の源流として知られる鈴木商店の関連会社として、長年に亘り電気通信機器の開発・製造を担っておりました。 戦後は企業再建整備法に基づき、昭和24年12月に新「東京無線電機株式会社」として再出発し、昭和33年7月に現在の社名に改称いたしました。
爾来、当社は家電製品からオーディオ機器まで、常に時代を先取りした製品を世の中に送り出して参りました。 現在は各種電線保護管の製造・販売が主業務となっており、なかでも金属製可撓(かとう)電線管の分野では当社の『プリカチューブ』はその先駆けとなりました。 また金属製や合成樹脂製のフレキシブル電線管は、工作機械やプラント工事に大いに利用され、その簡便性と高い品質は市場から高い評価をいただいております。 グローバルに通用する製品づくりを目指し、平成12年5月にISO9001、平成16年8月にはISO14001の認証をそれぞれ取得いたしました。
今後とも新商品の開発に果敢に挑戦し、電線保護管からコネクター、ケーブルまでを網羅する総合電設部品メーカーとして一層の飛躍を期して参ります。

会社沿革

西暦 和暦 事業内容
1922年10月 大正11年 東京無線電機(株)設立。
1949年12月 昭和24年 企業再建整備法により新「東京無線電機(株)」として再発足。
1958年7月 昭和33年 (株)三桂製作所に社名変更。
1960年 昭和35年 プリカチューブの製造・販売開始。
1968年3月 昭和43年 伊藤機器製作所を買収し三桂精機(株)設立(神奈川県藤沢市)。電線保護管付属品の製造・販売開始。
1968年12月 昭和43年 三桂製作所本社新社屋落成。
1973年11月 昭和48年 三桂製作所大阪営業所(現大阪支店)開設。
1974年11月 昭和49年 三桂製作所福岡営業所開設。
1975年11月 昭和50年 三桂興産(株)設立。
1976年10月 昭和51年 三桂製作所名古屋営業所(現名古屋支店)開設。
1978年 昭和53年 最新鋭の亜鉛メッキ工場完成。
1979年 昭和54年 三桂製作所創立30周年記念事業として社歌制定、日本庭園造営、社史発刊を挙行。
1981年4月 昭和56年 三桂製作所札幌営業所開設。
1989年3月 平成元年 三桂興産新潟工場開設。ケイフレックスの製造・販売開始。
1989年3月 平成元年 三桂精機新潟工場開設。サンフレキロボの製造・販売開始。
1994年4月 平成6年 三桂製作所新潟工場開設。
1996年11月 平成8年 三桂製作所大阪支店移転開設。
2004年1月 平成16年 三桂製作所新本社ビル竣工・移転。
2005年5月 平成17年 営口三桂管業有限公司設立。中国での現地生産を開始。
2013年3月 平成25年 営口三桂管業有限公司を営口三桂科技有限公司に社名変更。
2013年4月 平成25年 三桂製作所新潟工場を対象とした会社分割により新潟三桂(株)を設立。
2017年7月 平成29年 営口三桂科技有限公司の販売拠点として蘇州分公司を設立。
2018年8月 平成30年 三桂製作所札幌営業所移転開設。
     
  1. HOME
  2. 製品情報
  3. 会社情報
  4. map
  5. 相談室
  6. TEL

ページのトップへ